ウォーミングアップ

スポーツジムというと、どのようなマシンがあるイメージがありますか?TVなどでよく見かける、ランニングマシンや両腕を垂直に上げ開閉するペクトラルフライなどでしょうか?しかし、スポーツジムまで距離があり汗をかいた状態で到着して「いざ始めよう」という状態で始めるのではないのであれば、一旦有酸素運動以外のマシンに行ってしまうのは待ってください。

準備運動スポーツジムについたらすぐに、ここと決めた部位を筋トレしたいのはわかります。しかしプールに入る時、準備運動をせずにいきなり入ってしまいますか?陸上で運動するときにも、ウォーミングアップをすることで怪我の防止の意味だけではなく、筋トレの効果をアップさせることが出来る期待があります。体が温まり血行が良い状態であるということは、筋肉も運動することに適した柔らかさにし動きが滑らかになります。それにより、筋肉がより良い動きとなるため、パフォーマンスの向上が見込めるのです。

そのためウォーミングアップをストレッチ後に5~10分程度マシンで行うと考えた時は、いわゆるランニングマシンと呼ばれるトレッドミルであったり、エアロバイク、クロストレーナーやステアクライマーは有効であると言えます。しかし、時間によっては全部埋まってしまっていることも無いとは言い切れません。そのような時は、マシンに頼らず5分程度スクワットやランジ、バービージャンプなど、自分の体重を有効利用した筋トレを行う事でも十分です。

このようにしっかり体を温めて、怪我や事故がないように楽しく筋トレを行いましょう。